Civ4マルチの記録
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/3 22:30部屋
設定


ロビーに入れないらしいから、今日は出来ないかなーと思ってたらIP接続で立った。
ホストさんありがとう。


うーん、フビライねぇ…… モンゴル引いて嬉しがる人っているのかな。俺の評価はこんな感じです。
それに今回は首都がよろしくない。
相も変わらず初期位置に建てたのだが、魚を使うと淡水が、淡水を使うと魚が使えないジレンマ。小屋が3つしか建たないのもまずい。
拡張方向は西しかないが、北西はツンドラ、南西は砂漠、開始直後から見通しの明るくないモンゴルに未来はあるのか。
むむむ


15ターン目
10人で小低だと結構広さに余裕があるね。うちの周りだけなのかも知れんけど。
銅の位置が明らかになる。第二都市候補地はAかBだろうか。
創造なのですぐに銅は都市圏に入るし、オアシスで淡水にも接する。
今回はAに建てたけど、今にして思えばBの方がいいよなこれは。
AorB


19ターン目
やっぱり世界は何処も広そうだ。
西の方は川もあるし、地面が緑色だしでいい土地だなぁ、っておい、なんだこの氾濫と金は。羨ましいぞちくしょう。
フビライ「よろー、トルコとの金争いになりそうですねw」
ドゴール「よろー、いやぁどうだろうw」
トルコとフランスの中間にあるから煽っとくか。敵対しろー敵対しろー。
金


36ターン目
斥候が大陸の端から端までを走破してしまった。
我がモンゴルは世界一週に最も近いのではなかろうか。
大まかな位置関係は西から
アメリカ、中国、フランス、トルコ、モンゴル。
トルコの南の方にカルタゴがいると思われる。
探検


50ターン目
トルコがアンカラに斧を集め始める。
建築もやってるしもしや……
斧斧


トルコがモンゴルに宣戦。
やっぱ来たか。
第一波は斧5くらい。数は多くないがうちはもっと少ない。
うちの戦力は首都に戦士1、第二都市ベシバリクに斧2、第三都市トゥルファンに弓1だけである。
とりあえず首都で大科学者出すために専門家なんて置いていたが、そんな場合ではない。科学者君には鉱山で働いてもらう。
第二都市付近の銅は国境に近いため速攻で破壊されるが、もっと奥に鉄が沸いてるんで問題ない。
攻撃志向の斧は、兵舎さえ建ってれば対白兵がつけられるので、斧同士の殴り合いなら有利に運べる。

65ターン目
トルコの攻めは第二都市に向かったり、鉄を狙いにきたり、第三都市に向かったりと、どれも中途半端な印象を受ける。
また、建築が終わっているのにカタパが出てこないのも救いだ。
停戦を呼びかけたが、その気は無いとのこと。
このままではどうにもならん。フランスを嗾けてみるか。
フビライ「トルコの防衛はすっげー薄いと思うけど攻撃できませんかー」
ドゴール「いやーうち軍いないんだよね…… あれ、ほんとだ。すごい薄いなこれ」
フビライ「そうでしょうそうでしょう」
だが結局フランスは動かなかった。
戦争中


ついにトルコがカタパを出してくる。
だがモンゴルは大将軍を定住させ、首都で作られる斧は戦闘術1、対白兵、対攻城兵器が最初からついている。カタパだろうが斧だろうがぶっ飛ばす!
メフメド「ちょっとこれは攻めきれませんね」
フビライ「では停戦を」
ふぅ。

81ターン目
さて復興しなければ……
首都には穀物庫もなかったのかよ。
しかし世界はモンゴルを戦闘民族だとでも思っているのだろうか、ハトシェプトからインカ攻めへの参戦を求められる。
ハト「インカやばくね?」
フビライ「いやぁどこにいるのか分からないしー、うち戦争終わったばっかなのよね」
正直全く乗り気じゃないのだが、インカは確かにやばそうな感じはする。ロードス建ってるらしいね。羨ましか。
フビライ「うちはトルコに完全に塞がれているのでトルコも参戦してくれないと、軍事的にも不安ですし、そもそも通行できません」
ハト「トルコも行くよ」
マジか、準備いいな。じゃあやるか……
先の戦争で作った斧兵を処分しに行く程度の気持ちで参戦を表明。
ただ捨てに行くだけではアレなので、一応ひっそりと別の目的もあったりします。
81
84


90ターン目
ハト「@10ターンで行こうと思います。加盟国はエジプト、カルタゴ、トルコ、モンゴル」
フビライ「OK牧場」
全く軍を作ってないが当然だ。モンゴルは都市を落とすつもりなんてないのだから。
これだけいれば誰かが破壊するだろ。
@10


92ターン目
そうだ、モンゴルには改善破壊専用ユニット、ケシクがいるじゃないか。
だが馬がないので、加盟国中唯一の馬持ちカルタゴに輸入を打診。
フビライ「もし馬に余りがあったら貸してもらえませんか?」
ハンニバル「ごめーん1つしないよ」
そりゃそうだよな。馬が2つ以上なんて滅多にないよ。
もしこのときカルタゴが現在馬を必要としていなかったりした場合、タダで譲ってもらえる可能性があるので、駄目元で交渉してみるのは悪くないと思います。共通の敵を持つ同志なら尚更。
だが今回はちょっと相手が悪かったか。あちらも馬UUだもんな。
馬くれよ


94ターン目
盟主エジプトがバビロニアに宣戦される。
インカ包囲網はお流れになりそうだなー。
ハンムラビに停戦を求めるが、返事すらない。僕たち出会ってもいないもんね、当然だよね。
余計なことを


100ターン目
ハンニバル「では行きます」
カルタゴがインカに宣戦。
おー、エジプト抜きでもやるのか。
フビライ「じゃあ我々もいきましょうか」
メフメド「ですね」
モンゴルとトルコもインカに宣戦。
僕は今回の話はなかったことになると思っていたので、全く軍を動かしていなかった。
そのため、宣戦してから移動させるという馬鹿丸出しの事態に。前線に到達するまでに5~6ターンかかるよ。

106ターン目
恐らく先に交戦しているであろうトルコにインカの戦力を訊ねる。
フビライ「インカはどんな兵出てるか分かります?」
メフメド「斧とか槍とかだね」
えー、そんなもんなんだ。これ楽勝じゃね?
インカしょぼい?


あ、あれ……?
何が斧や槍だ


109ターン目
トルコが攻撃していたのはインカが占領した元蛮族都市、ミノア。
インカ本土から若干突き出た位置にあるこの都市は、本格的に防衛するつもりはなかったのだと思われる。だから旧式の兵しかいなかったんだね!
時代の最先端を行くインカと領土の多くを接しているカルタゴは早くも力尽きたらしい。
ハンニバル「都市を攻撃する戦力はないけど、停戦は拒否した。後は嫌がらせでもするさ」
フビライ「おー、ありがとう。メフメドにも停戦要請きたけど断ったってさ。力を合わせて頑張ろう」
さりげなくモンゴルも停戦要請を拒否したように話しているが、そんな話は全く来ていない。
偉大なるインカ様から見れば、斧8スタック程度しか用意していないモンゴル軍などゴミ同然なのだろう。
109


とりあえず騎士はやばい。側面でカタパが突付かれまくるので、ジャングルで待機しつつ槍を送ろう。
首都で生産した戦闘術1、2、対騎乗のついた槍を2~3体程度派遣する。あぁ前線は遠いなぁ……。

121ターン目
船を作ってから3ターンで世界一週達成。
今回は天文学なんてやってる余裕がなかったので特に意味はなかったけどね。
一週


128ターン目
戦争しているようで全然していないので、漸く経済等が立ち直った。サンコレとか作ってたしね。
それに比例してスコアも相応の位置にきてしまう。うーん、これはあんまり嬉しくない。
復興


133ターン目
バビロニアを黙らせたエジプトがインカに宣戦。遅いよ!
同時にカルタゴが騎士で一気に攻勢に出た。
モンゴルとトルコが標的にしていたロードス都市、ティワナクの防衛が薄くなったので、早くも占領後の相談をしている。皮算用。
また、モンゴルの真の目的を達した斧兵は、一人帰路に着く。
ティワナク談義


インカはティワナクを放棄した。
防衛部隊がいなくなったのでさくっと破壊する。
後は適当に小屋を荒らして終戦。

さて頭一つ飛びぬけていたインカが脱落したことで、トップ争いが分からなくなりました。
うちは技術はどうしようか。ライフルでも化学でも最終決戦には間に合うだろう。
インカ戦でギリギリ大将軍が出現したので化学ルートを選択。
軍事学で士官学校を建てましょう。
無事にインカから帰還した斧兵のおかげで英雄叙事詩を首都で建設した。これだけで参戦した甲斐があるというものだ。
擲弾兵


155ターン目
周辺国が一斉にアメリカに宣戦。
エジプトは軍事学が、ズールーはライフリングが終わっている。中国は不明。
アメリカはまだ共通規格…… リンカーンオワタ
確実にアメリカの都市は陥落していくので、うちも都市を取らねば勝てまい。
輪姦


フビライ「フランスは最後、どこを攻めるおつもりで?」
ドゴール「うーん、どうしようかな」
フビライ「一緒にトルコ攻めなんてどうでしょうか」
ドゴール「いいですね、そうしましょう」
よしよしあっさり話が纏まった。
序盤にうちが宣戦されたときは動かなかったが、最後にゃ動かねばなるまい。
残り10ターンでトルコ挟撃で合意した。

161ターン目
約定通りモンゴル、フランス両国はトルコに侵攻。
敵は火薬まで、こちらは間もなくカノン砲が投入できる。
ほんとに今更だが大技術者が出たんでバチカンを1ターンで完成させる。少しでもハンマーになれよ。
会戦とバチカン


163ターン目
フランスに尋ねたところ、あっち側は防衛が非常に薄いらしい。そりゃそうだ、こっちに沢山来てるもの。だから確認のために聞いたんだけどね。
これではフランスを引きずり込んだ意味がないではないか。
フビライ「構わずそのままやっちゃってください」
ドゴール「はいはい了解」
トルコはブルサの防衛を捨ててベシバリクを狙いにきているじゃないですか。
完全に主敵をモンゴルに定めてるな。
空ブルサ


だが今日の俺はいつもの貧弱な俺ではない。
攻撃志向、神権政治、英雄叙事詩、士官学校。
数とパワーで圧倒する。
ベジバリクに向かってきた敵は悉皆叩き伏せる。
空都市ブルサ占領。最も抵抗の激しい丘都市アンカラもカノンの砲撃で怪我人だらけになる。首都イスタンブールも何故か空っぽだったので難なく占領。
行け行けモード


170ターン目
あぶねーギリギリじゃないか。
169ターンの時点で、どこか占領したのかエジプトにスコア抜かれたが、なんとか勝てたらしい。辛勝。
ギリギリ

初のIP接続でのマルチでしたが、トラブルなどは一切無く無事に終了できましたな。

お疲れ様でした。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://civ4multi.blog19.fc2.com/tb.php/15-cdd354b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。